パイロット免許

憧れのパイロットライセンスをグアムで取得 !

なぜグアムなのか?

グアムは日本の主要空港から約3時間半と近く、1年中常夏の気候のもとでフライト訓練する事ができます。
そしてグアムは日本から一番近いアメリカです。 日本でパイロットライセンスを取得する場合はアメリカの約3倍の料金が必要です。 日本の自家用ライセンスの約90%は海外ライセンスからの書き換えです。ICAO(国際民間航空機構)に加盟している国家間では自家用ライセンスは実地免除で書き換えが可能です。もちろん日本もアメリカも加盟国ですのでアメリカのライセンスを日本のライセンスに書き換える事ができます。弊社では書き換えのサポートもしております。

弊社で取得できるライセンス

◉Private Pilot License (自家用操縦士)… 一番最初に目指すライセンスです。17歳以上
◉Instrument Rating (計器飛行証明… 外の景色を見ずに計器だけで飛行できます。
◉Commercial Pilot License (事業用操縦士)… プロになるために必要なライセンス。
◉Multi Engine Rating (多発証明)... エンジンが2発以上の飛行機に乗るために必要です。
※Multi Engine Rating の訓練は11月から開始の予定です。
※エアラインでパイロットになるためには上記全てのライセンスが必要です。アメリカではATP(定期運送事業用操縦士)ライセンスが必要になります。

日本でパイロットになるためには、パイロットライセンス、航空身体検査(1~3種)、無線従事者免許(航空通信士、航空特殊無線技士)が必要です。アメリカでは国内の飛行に無線免許は必要ありません。
アメリカのライセンスに必要な航空身体検査はグアムはもちろんの事、羽田空港や日本各地にある指定医師のもとで受ける事も可能です。

FAA Private Pilot (自家用操縦士)になるための要件

  • ◉アメリカ市民権を持っていない外国人はTSA(アメリカ連邦運輸省)の訓練許可。
    ◉ソロフライトをする時に16歳、実地試験を受ける時に17歳になっている事。
    ◉第3種航空身体検査に合格し航空身体検査証を保持
    ◉英語の読み書きと話す事が出来る。
    ◉航空法に定められた最低限の飛行訓練を終了。
    ◉学科試験に合格
    ◉口述試験と実地試験に合格

■Private Pilot License (自家用操縦士)
一括払いコースとその都度払いコースがあります。一括払いは3つのコースから選択できます。
都度払いに比べて教材や学科講習も全て含まれておりますので初めて訓練する方はこちらのコースからお選びいただいた方がお得になっています。
  (A) 50時間コース…$10,000
  (B) 65時間コース…$13,500
  (C) 80時間コース…$15,000
※教材、学科講習(グアム校のみ)が含まれます。着陸料は別途$15必要です。学科試験、実地試験費用は含まれません。燃料の価格変動により料金が予告なく変更になる場合があります。お世話になっております。お問い合わせ下さい。

■  Instrument Rating(計器飛行証明)
訓練費用例
クロスカントリーフライト(同乗)20時間….$4,200
クロスカントリーフライト(単独)10時間….$1,500
同乗教育CFII                                 30時間….$6,300
学科講習 IGI                               15時間…… $750
                                                            合計 $12,750
※教材、着陸料別途

■  Commercial Pilot License(事業用操縦士)
訓練費用例
同乗教育CFI 30時間 …. $6,000
学科講習AGI 10時間 ….    $500
合計                               $6,500
※教材、着陸料別途

■  Multi Engine Rating(多発限定)⇦2018年11月より開始
訓練費用例
同乗教育MEI 15時間 …$5,400
学科講習AGI 10時間 ….   $500
                                  合計 $5,900
※教材、着陸料別途

 


1. 一括払いコース

学科、教材、フライトその他、自家用小型飛行機操縦士免許取得までの費用全て含んだコースです。
4つのコースの中からお選びいただけます。
一括で費用を負担しますがその分都度払いよりはお得になっております。

2.都度払いコース
飛行ごとに精算して頂くコースです。無理なく訓練が開始出来ます。
※価格は変動しますので、詳細は電話又はメールでお尋ね下さい。
※料金には日本とグアム間の航空運賃、グアムでの宿泊費などは含みません。
※計器飛行証明・事業用ライセンスをご希望の方は、お問い合わせ下さい。

262491_639319172760555_568744777_n

Q&A

1.アメリカ連邦航空局自家用操縦士免許(固定翼・陸上単発)でヘリコプター(回転翼)を操縦することはできますか?
ライセンスの種類が違うためできません。
但し、ヘリコプターの操縦免許を取る場合に課せられる学科などの多くで免除される場合がありますので、
本課程を履修されるとヘリコプター用免許の取得に有利です。

2.数回に分けてグアムを訪れ、その都度一週間程度滞在すると仮定した場合、何度程度の来島で取得できますか?
例えば一回3~1週間程度のグアム滞在を年に2、3回とした場合
3~4年でアメリカ連邦航空局自家用操縦士免許(固定翼・陸上単発)の取得が可能です。

3.コースの履修開始から終了までの有効期間の規定はありますか?
ありません。いつでもご都合の良い時に履修を継続することができます。

4.グアムでの宿泊やトレーニング場所までの移動などの手配をお願いすることはできますか?
はい、弊社では寮の設備もございます。また提携ホテルでの宿泊手配やレンタカーの手配なども承っております。

5.年齢制限や健康に関する制約はありますか?
17歳以上で日常の生活に支障がない方(矯正後視力0.5以上など)は受講できます。
不安がある方は日本国内で航空指定検査を実施している病院を受診してください。
ご希望があればグアムでも受診していただけるよう手配いたします。